めざせ!体脂肪率10%台の男!!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めざせ!目標体重70kg台の男!!

目標体重70kg台を目指す男性向けのブログです。

断食中の下痢にはなぜ起こる? これを読めば全て理解できます。

断食・ファスティングをしていると、

水便が出ることがありますよね。

f:id:watoson1988:20170517094429j:plain

下痢の様な水溶性の便です。

これってなんで起こると思いますか?

断食中の下痢はなぜ起こるの?

断食中に起こる下痢の様な排便は、

食べ物の固形物を一切摂取しないことも、

原因として考えられますが、

体内で不要な老廃物や蓄積した悪い物を

体の外へ排出しようとするために、

起こります。

下痢止め薬で止めたりせずに、

どんどん排出する様にしてください。

水分が出ていきますので、

水分補給はしっかりしましょう。

断食・ファスティング中の下痢の意味

動物は体調が悪かったりお腹の調子が悪いと、

一切動こうとせず、自然治癒力

体調が回復するのを待ちます。

人間は、食品業界や医療業界のプロパガンダで、

1日3回という食事回数の認識を

植え付けられてきました。

本来は、そんなに食べなくても

問題ないんですよね。

そういうこともあって、

人間は自分の消化器系を酷使しています。

そういう理由から、日頃からキャパオーバーで、

無理が祟り、機能低下を招いているのが、

実情です。

余計なものを排出できず、

溜め込んでしまって、

代謝が落ちたり、

肥満や慢性疲労の原因となっています。

断食・ファスティング中の下痢は、

体に蓄積した余計なものを

排出している証拠なのです。

一説によると、

人間の体には宿便が5キロもあると

言われていたりします。

断食・ファスティングを行うと、

消火活動に使っていたエネルギーを、

他の活動に回せますので、

宿便の排出にエネルギーが向かう

ということなんですね。

そうすると、

腸内が綺麗になり、

腸内細菌が整い、

幸せホルモンが放出され、

精神も整うし、

肌も綺麗になる、

という好循環が生まれます。

腸内環境を整えると具体的にどんなことがある?

あらゆる病気は腸からと言われるほど、

腸内環境は大事なんですよね。

腸内腐敗や宿便によって、

腸内の悪玉菌が増えると、

免疫力が低下します。

腸内の腐敗ガスが血液に入りますので、

血液が汚れることで、

多くの病気の原因になります。

腸は身体の器官全てに繋がっていて、

腸に宿便が溜まって癒着すると、

反射区が上手に反応せず、

体の色々なところに不調が起こる

とされています。

腸内細菌の善玉菌は、

幸せホルモンの元となるビタミンや、

体内酵素などを創り出してくれます。

整腸作用や免疫力の増強、

発ガンの抑制、コレステロールの抑制作用

などがあります。

病気やアレルギーがある方は、

善玉菌が極端に少ない事が、

明らかになりました。

腸内腐敗は肩こりや腰痛を引き起こし、

腸内環境は冷え性にも影響してきます。

腸内細菌の悪玉菌は有害菌や腐敗細菌などを作り、

その毒素によって病気を引き起こし、

老化の進行に繋がっていきます。

健康のためには、腸内環境を整えることが

とても大切なんです。

腸内環境を整えるには、

定期的に断食・ファスティングをして、

宿便をしっかり排出して、

善玉菌が住みやすい

綺麗な腸内環境を維持することが、

重要になってきます。

腸内環境を整えて、

善玉菌の餌となる食物繊維を食べれば、

人間が幸せを感じる、

オキシトシンセロトニンという

ホルモンが、

腸内から放出されます。

そうすれば、ニコニコ笑顔で

生活ができることが増えますよ^^

回復食はどんなものを摂取したらいいの?

断食・ファスティングは、

準備食2日 断食・ファスティング 7日 回復食2日

この様なプランで行うことが多いです。

勿論最初は、軽めの3日断食とかでも

全然構いませんよ。

準備食の段階で、動物性の食品を食べなくします。

そして、断食・ファスティング期間に突入します。

苦労して食欲の執着から離れ、

断食を継続して、

終わりを迎えると、

回復食を迎えます。

この回復食がとても重要です。

最初の摂取は吸収が著しいので、

ここで悪いものを摂取してしまうと、

断食前の腸内環境に戻ってしまいますので、

最悪です。

回復食は、胃腸に負担の少ない温かいものや、 消化しやすいものがおすすめです。

回復食の1発目は、宿便排泄食として、

大根をすり下ろしたものや、梅湯を

飲むといいですね、

人によっては、

トイレに駆け込む人も居るかもしれません。 (笑)

その後は、

味噌汁や野菜スープを具なしで薄味にして

飲んでみましょう。

おかゆを飲みたい場合は、

重湯からはじめ、少しずつお米の入ったものへと変化させていき、

徐々に10分粥に近づけていきます。

少量であれば、梅干しや塩などを加えても良いでしょう。

ヨーグルトは乳酸菌の働きで整腸作用がありますし、

すりおろしたりんごは食物繊維が十分に摂れます。

温野菜はよく加熱して細かく刻んだものから始め、

マヨネーズやドレッシングは避けて、

塩やポン酢、醤油、味噌などで薄味をつけて食べてください。

回復食には、筋肉量を増やして太りにくい体を

作るためにタンパク質が不可欠です。

高たんぱくで低脂肪な豆腐や豆乳、ひきわりの納豆などを摂取してください。

うどんは消化がよいのでおすすめですがだしは薄めにしましょう。

そして飲み物は、白湯や温かい麦茶、柿の葉茶などもおすすめです。

定期的なファスティング・断食は重要!

どうでしょうか。

少し、断食・ファスティング

取り入れてみようかなと思えてきましたか?

腸内環境を整えて、自分の精神面を整えたり、

肉体的な面を整える意味でも、

断食・ファスティングって

かなり有効なんですよね。

忙しい社会人にとっては、

なかなか運動もする時間がありませんので、

断食・ファスティングをすることが、

一番有効なんですよね。

実際、運動での消費カロリーって、

大変な思いをする割に、

大したこと無いんですよね。

だったら、食べることをサボって、

楽に早く結果を出すほうがいいじゃないですか!(笑)

水断食だと、なかなか最初は空腹が激しいので、

こういう酵素ドリンクを飲んで、

空腹を和らげながら、

ケトン体が放出されるのを待つと、

上手に断食・ファスティングを継続

出来るようになります。

参考までに♪

sena.



スポンサーリンク


スポンサーリンク