めざせ!体脂肪率10%台の男!!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めざせ!目標体重70kg台の男!!

目標体重70kg台を目指す男性向けのブログです。

バカな脳の司令に従うから、いつまでも結果が出ない! 自分の欲に素直に行動してはダメ!

また体重が増えた

 

食べ物への執着が自分でも怖いくらい激しくなって怖い・・・。

体重も体脂肪もどんどん増えてしまう・・・。

食べ物への執着の断ち切り方を知りたい!

 

そんな人のために、

今日は情報をまとめていきます。

 

f:id:watoson1988:20170430101624j:plain

 

 

小麦系は要注意

パン、焼き菓子は食べるとさらに食欲が沸き、

何個でも食べてしまいますので、

パン、菓子は避けて、おかずでお腹を満たす法が良いです。

 

おやつを食べたならご飯を少なくしてください。

そうしないと、あっという間に体重が増えます!

 

食べ物を買わない

 

断食中は食べ物を買わないことや、
目に見える所に置かないことも有効です。

 

職場のストレスケア

 

無意識に職場でもストレスは溜まっていきます。

食欲以外でストレスを発散したり、

時間を過ごせる様な趣味や運動をして、

食べて過ごすことを防ぎましょう。

 

食べ物への執着が強いのは、

過食症になりかけている状況で、

ストレスが溜まっています。

 

ナッツ類に変える

 

小麦は依存症に陥りやすい食品です。

美味しいんですが、常に食べるのは避けましょう。
ナッツ類に変えるほうが良いです。

 

寂しさから食べている

知り合いを作ってみて、

会話をして発散することも有効。
寂しさが埋められるので、

過食を防げます。

 

運動でストレス発散

運動すると余計にお腹が減って、

食に走りそうだけど、

人によっては、運動がストレス発散になり、

食欲が収まる人も居ます。

 

脳みそに刺激を与える

転勤や新しい環境になると、

友人が全く居ない環境になったりします。

 

太っている人は、

食べることだけが楽しみという、

ストレス解消が目的になっている人が

ほとんどです。

 

心の隙間を埋めるように

食べてしまっていますので、

小説に没頭したり飯買い物を楽しむようにしたり、

別の行動で脳みそに刺激を与えてください。

一番いいのは運動です。

 

精神的な寂しさ

 

精神的なことで口寂しいと感じるのであれば、

共通の目的を持った知人や友人と

定期的に交流する場を作って、

寂しさを解消できると食べなくなれます。

 

気分転換をする

 

ドライブとか、趣味をするとか、

食べたくなったら別の行動で

気分転換をしましょう。

 

イライラで食べている

 

お腹空いてないのに常に食べるのは、

ストレスが溜まってて食べ物で解消しています。

対人関係や環境の変化、仕事のストレスなどです。

さっきまで食欲と戦っていたのに、

行きたくもないウォーキングに出たところ、

段々と意欲も出てきて食欲が抑えらた

というのはよくあることです。

何か身体を動かすのは良いですね。

 

食べること以外に楽しいことを見つける

 

食べ物への執着が凄い場合は、
食べること以外に楽しいことを見つけましょう。

次第に食べ物への執着が薄れます。

 

寂しい人は太る

寂しい人は太るとも言われます。

それを紛らわせる何かを探しましょう。


今の悪しき習慣が付いてしまうと、

本当に悪循環です。

あっという間に今の服が着れなくなります。

 

衝動を抑える努力をしましょう。

大切なのはストレスを食べ物で発散せず、

食べそうになったら別のことをすることです。

 

食を通じて己の欲望に気付きましょう。

 

食事にこそ、執着や怒り、無知などが

現れやすいのです。


食事の場こそ、

見た目で変化が誰にも分かるし、

修行にもっとも適している。

 

食事での節制の努力は

誰にも見た目や数値で

はっきり分かることなので、

自分の頑張りのアピールが

出来ます。

 

人間には、三大欲求があります。

一般的には食欲・性欲・睡眠欲の3つを指します。

 

1日3食、きちんと食べさせてもらえるので、

基本的には満たされていても、

 

非常にストレスのかかる環境だと、

食欲で発散しようとするのか、

育ち盛りをとっくに過ぎた大人たちが

驚くほど皆よく食べるという現象が起きます。

 

“もっと食べたい”

という欲求には打ち勝つことができないのです。

 

環境への慣れが生じ、

生活自体に喜びを見つける余裕も出てくると、

平静を取り戻していくという流れになります。

 

食事の場こそ修行をするには最高に適している

 

日頃我々は、美味しいものに対しては必要以上に

 

執着の心(貪)を起こし、

 

空腹になれば“怒りの心(瞋)が沸き、

 

食べること自体が自分にとって

どんな意味があるのか理解しようとしないという

 

真理に対する無知の心(癡)でいるので、

 

最も根本的な3つの煩悩(三毒:貪、瞋、癡)と

ダイレクトに向き合えるとして、

食の制限がうってつけの条件が揃っています。

 

食べ過ぎ病、食べたい病


痩せて健康に美しくなるには、

この二つの病気を克服せねばなりません。

 

食べてても太ってない人の仕組み

 

沢山食べても太らない様に見える人は、

みんなの前では普通に食べてます。

ですが1人で居るときは食べてません。

 

太っている人は、

みんなの前では、普通に食べ、
一人の時はそれ以上にもりもりと食べてます。 (笑)

 

 

太ってない人は、

趣味、家事、など日常的に良く体を動かしています。

それなりに熱中できるものを持っています。


太っている人が熱中することは

食べることなのです。

 

太っていない人は、

あなたのように食べ物、

食べることに執着していません。

 

多くのダイエッターが太る原因は、

食べることに執着しているからです。

 

 

食べることに執着があるかないか、

ここが重要なポイント。

 

ここに、なぜ太るのか?

のヒントがありますよ。

 

執着・・・心をとらわれて、そこから離れられないこと

 

食べることに執着するのは、

とても危険です。

 

食べ過ぎ、肥満、病気、

食べることに翻弄される生活、

 

こういった弊害が出てきます。

 

食べることは人間の一番大切な

根源的な欲求で、
必要不可欠なものです。

 

ずっと食べなければ死にます。

 

食べ過ぎ、食べたい、

これらは、ストレスから来ています。

 

食べたいと考えない

 

この思考法を身に着けましょう。

 

食べたいと考えないなんて無理でしょ、

と思えますよね?

 

多くの人は、

一度食べた後、更に食べたいと考えると、
食欲が盛り上がり、食べてしまいます。

 

食べたあと、更に

食べたいと考えたことありますよね。

 

食べたいと考えて、

食欲が刺激されているんですよね。

 

なので、

食べたいと考えない戦略は、とても有効です。

 

そんなに食べたいと思わないな・・・

もう十分満ある程度満たされた生活しているし。

 

 

そんな、仏教的無情感で、

食べ物を欲する人間から卒業してしまいましょう。

 

ストレスでお腹が空く

 

ストレスにで神経伝達物質

セロトニンの分泌が減ります。

 

セロトニンは幸せホルモンと呼ばれ、

気持ちを安定させてくれ、

 

摂食中枢や満腹中枢に働きかけ

食欲を抑える作用もあります。

 

セロトニンが不足すると、

 

ノルアドレナリン
ドーパミン

 

というストレスホルモンの暴走を

抑えられなくなってしまいます。

 

空腹時の平常心を保つのが難しくなり、

精神的にも不安定になります。

 

こうして、

過食や拒食などの摂食障害

起こしているのです。

 

太っている人は、

過食の症状に苛まれているという

訳です。

 

脳を制して食欲をコントロールする

 

私たちが感じる食欲は、

ほとんど脳だけが感じたニセの食欲です。

 

脳は馬鹿なので、

身体に悪いものであっても

もっともっと欲してしまいます。

 

ストレスを感じると、

無限に糖質を欲して、

自分の身体を病気にしてしまうのは、

脳みそのおかしなところですよね。

 

お腹すいたかも!と感じた時に

そのまま欲の通りに動かないこと

がポイントです。

 

理性を働かせて、

血糖値が下がって脳がお腹が空いたと思っているだけ、

と自分に言い聞かせ、

 

腸をグーグー鳴らして

若返りホルモンを放出させ、

ケトン体優位で体脂肪を燃焼させましょう。

 

2、3日もすれば、

空腹も感じず、平気になります。

 

頑張りましょう。

senaも来週の火曜まで断食です^^

 

 

 

sena.

 

 

 



スポンサーリンク


スポンサーリンク