めざせ!体脂肪率10%台の男!!

断食でデトックス!! 下痢をしてスッキリ宿便排泄!!

断食してデトックスすることでスッキリさせて、体重70kg台を目指す男性向けのブログ。不要な食事と書いて不食。余分な食事をしないファスティングで痩せる方法、絶食のコツ、男性向けのダイエットや減量方法、メンズのファスティングについて書いていきます。気になる断食中の下痢についても、なぜ?という疑問を解消していきます。

ダイエットの速報まとめ! ダイエットの間違った常識と嘘の情報!!

先日ネットニュースでこの様な記事がありました。

 

人気のダイエット法は間違いだらけ?

名門大所属の科学者がダイエット界の常識をぶった斬り!

 

ダイエットに関連する記事でしたので、

読んでみたのですが、

納得させられる様な内容でした。

 

f:id:watoson1988:20170618130258j:plain

 

詐欺同然のダイエット業界のマーケティング

 

内容を見ると、

ダイエット業界は詐欺同然のマーケティング

溢れていると言います。

 

カロリー制限、糖質制限

グルテンフリー、グリーンスムージー

 

世の中には本当に様々なダイエット法が

出ては消えを繰り返していますよね。

 

雑誌やテレビなどのメディアで、

痩せる食べ物が紹介されると、

次の日にはスーパーでその食材が売り切れ。

 

お手軽な運動法が紹介されれば、

その関連グッズが売れます。

 

何か新しいものが出るたびに、

私たちはそれに飛びつき、

そして挫折します。

 

痩せるという触れ込みの食材なのに、

継続して摂取しても全く痩せない。。。

 

痩せたと思っても、

すぐにリバウンド。

 

大半の人がこんな経験を

していると思います。

 

これを食べれば健康になる の嘘

 

ダイエットの科学 「これを食べれば健康になる」のウソを暴く

(ティム・スペクター:著、熊谷玲美:訳/白揚社

 

という本があるのですが、

この著者はイギリスの名門大学・ロンドン大学

遺伝疫学の教授です。

 

腸内細菌に代表されるマイクロバイオーム

(生き物の腸や口の中などにある微生物たち)の

研究に力を入れている、遺伝や腸内環境の

プロです。

 

自分が体調を崩して食事内容の改善を

試みたときに、著者である教授は

こう思ったそうです。

 

世間に出回っているほとんどの

ダイエット法や食事法には

科学的な根拠がないということ。

 

なんの根拠も無く、

これは痩せるよ!とか、

これは身体に良いよ!という

商品が実に多いんだそうです。

 

不完全なデータだけに基づいた主張が

ダイエットや健康法の世界で、

公然とまかり通っている世の中なのだそうです。

 

新鮮な野菜は全てスーパーフードと言えます。

 

昨今、スーパーフードとよく言われる食材が

出てきていますが、

 

この手の売りは、

詐欺同然のマーケティングとも言えるそうです。

 

新鮮な野菜や果物は、

ほぼ何でもスーパーフードなので、

 

 

スーパーフードという触れ込みで、

有名になった食材だけが

スーパーフードでは無いということです。

 

 

アサイーやクコの実は他のベリー類と変わらない。

 

アサイーやゴジベリー(クコの実)が、

抗酸化性が期待できるとして、

派手な宣伝で盛んにもてはやされていますが、

 

実態は、他のベリー類との違いは無く、

まだ見つかってもいないのだそうです。

 

f:id:watoson1988:20170618132320j:plain

 

 

その他にも、

 

グルテンフリーダイエット、

ジュースによるデトックス

低炭水化物ダイエット、

低脂質ダイエット、

ローフード、

パレオダイエット。

 

そしてダイエットの基本とも

いえるカロリー神話まで。

 

健康的でダイエットにもよい食事

とされるダイエット法まで、

 

科学者の視点から見ると、

おかしな点がある様で、

斬って斬って斬りまくっていました。

 

そんな中でも、

ほぼ唯一の例外として、

 

定期的な断食の効果だけは

認めていたとのことですっ!!!!

f:id:watoson1988:20170605114344j:plain

 

定期的な断食だけは、

遺伝や腸内環境のプロである

教授も認めるダイエット方法だとの

ことですね^^

 

 

やっぱり、定期的な断食は、

嘘ではありませんので、

信じて継続をしてくださいね^^

 

 

嘘情報が蔓延するダイエット業界

 

定期的な断食は唯一認められた訳ですが、

どうしてこうも、嘘の情報が

ダイエット業界には蔓延してしまうのでしょうか。

 


20世紀の栄養学が犯したミスだと、

教授は言っています。

 

身体に入った食べ物が

どのように代謝されるのかについては、

個人差があるものです。

 

同じものを同じ量だけ食べても、

太る人と太らない人がいることでも

この説は明らかですね。

 

食べたものがすぐ身になる人と、

食べたものが全部うんこで出てしまう様な、

痩せの大食いタイプの人も居る訳です。

 

栄養素の消化吸収に関わる、

腸内細菌の構成だったり、

代謝に関わる遺伝子だったり。

 

そういうものが私たちの体質に、

個性をもたらしているということ

なんですよね。

 

人間が考えうる様な、

カロリーや三大栄養素

ビタミンやミネラルといった

 

浅はかで画一的な指標で、

物事を語ろうとすること自体が、

そもそも無謀であり困難なことなんです。

 

f:id:watoson1988:20170618133946j:plain

 

 

本当に自分にとって効果的な

食事法やダイエット法を編み出したいのであれば、

 

自分の腸内環境や持って生まれた遺伝子について

よく考える必要があるという訳です。

 

腸内環境が乱れて代謝機能に異常があるなら、

まず腸内細菌のバランスを、

本来あるべき状態に戻すことが先決だったりします。

 

現代の食事療法を見渡してみると、

ほとんどが、ある食材を徹底して避けたり、

この栄養成分や化学成分が、

身体に良い・悪いと判定することでしか、

成り立っていません。

 

 

加工食品やファストフードを避ける、

 

人体や腸内環境に悪影響を及ぼすことが確実な

トランス脂肪酸の摂取を避けるという、

 

こういった誰にでも役立つ情報はありますが、

最低限の基本を押さえた後は、

自分次第と言えます。

 

何をいつ、どう食べるべきなのか。

 

腸内細菌をはじめとして、

身体の声を聞きながら、

 

粘り強く自分に問いかけていって、

自分に合った方法を実践する以外に、

ダイエット成功の道はありません。

 

1人1人、体質は違いますので、

誰も自分のことは分かりません。

 

誰も救ってくれませんので、

自分で自分を救い、解決する以外に

道はありません。

 

勿論、補佐出来る様な、

関連情報はここで公開していきますので、

あなたのダイエットの手助けになれば

幸いです。

 

最終的に成功まで持っていけるかどうかは、

その人次第です。

 

頑張りましょう。

 

 

 

www.youtube.com

 

 

 

sena.

 

 

 

 

 



スポンサーリンク


スポンサーリンク